大喬の恋愛見聞録

「出逢いを切り開く力」を使って理想の人と結婚するために

素敵な女性に連絡先を渡すことができた

f:id:daujyo:20180417222135j:plain

 

 

 

声を掛けれなかった大好きだった店員さん
彼女に一歩踏み出せなかった事は
僕の中では大きなマイナスだったんだよ

 

 

 

 

そのマイナスはストリートナンパで
どれだけ好みの女性にでも
声を掛けられるという
プラスに変えることができたんだよね

 

 

 

ただ心残りが一つあって
それは路上以外の魅力的な女性に
踏み込めるかどうかって言う事なんだ
ここがずっと僕の中でマイナスのままだった

 

 

 

僕はまた遭遇したんだよ
仕事をしている素敵な女性に
雰囲気から魅了されてしまう女性に
そんな女性が目の前に現れた

 

 

 

その時は仕事中で身動きができなかった
自分の信念と照らし合わせて
その場で声を掛けようか迷った
でも、相手への敬意として外見を整えてから
声を掛けることにしたんだ

 

 

 

僕はもう同じ失敗を繰り返さないし
もうこれは意地なんだよ

 

 

 

そこから二週間後、やっと時間がとれて
同じ時間帯、同じ場所に向かった

 

 

 

僕が神に愛されてれば逢えるし、
そうでなければまた繰り返す

 

 

 

そんなことを想いながら
狭い路地で彼女を待っていた

 

 

 

血が沸いていた
ストリートナンパとは比較にならない
このドキドキ感、緊張
初めてナンパで声を掛けた時以上だ
鼓動が彼女を呼んでいたんだ

 

 

 

年度の移り変わりのシビアな期間
彼女に会える可能性は高くはなかった

 

 

 

本当に緊張する
仕事中の女性に迷惑にならないように
何度も言葉を考えた

 

 

 

それでも、【】は与えてくれた
見掛けたのと同じ時間、彼女が来た

 

 

 

あの!
僕は彼女に踏み出していて
彼女に想いを伝えた

 

 

 

こんなことがあるんですねぇ
彼女は笑顔で想いを受け止めてくれた

 

 

 

仕事の迷惑にならない様に
連絡先を書いた紙だけ渡した

 

 

 

結果、連絡は来なかった
でもそんなことは何も問題じゃないんだよ

 

 

 

僕は、僕はやっと
あの時の自分を払拭できたんだよ
マイナス真のプラスに変えることができた

 

 

 

変えた、できた、踏み込んだ

 

 

 

嬉しい、本当に嬉しんだよ
自分が本当に素敵だと思う女性に
貴方は本当に素敵です」と
眼を見て伝えることができる
そんな自分が本当に大好きだし
よくここまで来れたなと思うんだよ

 

 

 

何も憂いは無い
ナンパという手段にこだわらず
目の前に素敵な女性がいるなら
恐がらずにチャンスを与え続ける

 

 

 

断られてもいいんだよ
上手く行かせようという
気持ちを押し付けないで
プラスの感情を伝えるだけでいい

 

 

 

それを成功するまで辞めなければいいんだよ
諦めなければいいんだよ

 

 

 

それを続けていく事が出来るならば
きっと思い描いていた通りの
未来が待っているよね

 

 

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村