大喬の恋愛見聞録

「出逢いを切り開く力」を使って理想の人と結婚するために

大きな失恋ほど次にいい人が現れる?

f:id:daujyo:20180109222144j:plain

 

 

 

これはまだ仮説の段階に過ぎない話だけど
思い悩んで上手く行かなかった恋愛の後ほど
自分の人生単位で意味のある女性たちが
現れていることに気づいた

 

 

 

僕自身の話で言えば
みーちゃんオタギャルのその後
一週間ないし二週間で
ストリートナンパの舞台で
自分にとって意味のある女性二人に
出逢っている
そしてその女性がくれたものは
みーちゃん一週間
オタギャルは一か月半
期間を掛けて悩んだ分に
比例して大きくなっていった

 

 

 

これは恐らく自分が相手に
しっかり向き合い寄り添おうと努め
それでも上手く行かなかった僕の
持っていたプラスの感情
行き場を無くして
その迷子になったプラスの感情
プラスの出来事を引き寄せた結果
自分にとって意味のある人が
現れてくれているのではないかと考えている

 

 

 

私利私欲に駆られた人や
恋人ないし異性を
自分の都合のいいように利用する人
このような人は
相手に持っていたマイナスの感情
そのまま彷徨い続けることになり
その結果次に現れる相手というのも
どこか自分の納得いかないものだったり
さらに自分を傷つけることになるような
ひどい相手との巡り合わせが
待っているのではないか
つまりそのような人は
いつまでもその輪廻から
抜け出せないという負の循環

 

 

 

そう考えるのには
やはり僕自身の経験があり
例えば朝青龍 
これは僕の未熟さが招いた惨劇だけど
振り返れば僕のしたことは
「道」に反したものであった
その結果次に現れたメイドカフェ店員からは
僕が朝青龍に別れ際投げかけたものと
全く同じ言葉を投げかけられて
関係が終わったという事があったから

 

 

 

このような目に見えない、人知の及ばない
オカルト的な話というのは
いささか猜疑的に見ていた
しかしながら
自分に降りかかっている経験と
照らし合わせてみると
「眉唾」で片づけてしまう事は
あまりにも早尚であると思うようになった

 

 

 

人と人との巡りあわせの【】というものは
人知の及ばない要素が働いている可能性がある

 

 

 

そして今回
今まで一番思い悩まされた関係から
解放されたところ
今はまだ気持ちの余裕と
整理ができてないので
記事として振り返ることはできない

 

 

 

この関係に悩まされている途中から
既に自分の日常の中に
理想の子が出てきていた事
そしてその子の
自分に対する仕草などを考えると
次に現れてくれる
僕にとって意味のある女性というのは
理想のタイプである可能性がかなり高い

 

 

 

この事実が何よりも嬉しく
また今までで一番苦しく
上手く行かなかったという気持ちさえも
雨が明けた空に馴染んで溶けていくように
愛おしく思えるほどだ