大喬の恋愛備忘録

大喬の恋愛備忘録

「出会いを切り開く力」を使って理想の人と結婚するために

ナンパと運命

f:id:daujyo:20171021210645j:plain

 

 

 

 

 

f:id:daujyo:20171021210935p:plain

松下幸之助
私がこの松下電器を創立致しまして

その間幾多の事象に遭遇当面致しまして心乱れた事、

色々ありましたが、その時に自分を支えたものは何かというと
自分の運命がこうして電機屋になった以上

これはもう他の事を考えんとこう
非常に困難で他に赤い花があるとか

ほかにもっといい実があるとも考えられるけども」
なんとかしてその運命を切り開いていこう

こういうことがしばしばあったと思うんです

 

 

 

 

 

 

 

 

僕がストリートナンパに

出会った要因というものは
本当に色々な要因が重なり合っている
学生時代にあの子に一目惚れをして
その後にある事情で
外見を変えなければならない

必要性があり外見を変え
やっとストリートナンパの世界に足を踏み入れた
そしてその恋愛の活動を
後押ししてくれるような人たちとの出会いがあり
今に至ることができている

 

 

 

daujyo.hatenablog.com

 

 

 

普通に人生を送るよりも
随分曲がりくねった道を進んだということ
もしある事情で外見を変える必要がなければ
地元の田舎で今も暮らしていただろうし
あの子に一目惚れしていなければ
理想の子を掴み取るという
熱意も沸かなかっただろうと思う
そして今の仲間が居なければ
ナンパを途中で辞めていたかもしれない
そう考えると僕にとってのナンパは
運命によって与えられたものなのかもしれない

 

 

 

 

僕はついに再び歩み出した
ナンパを始めたあの日からほぼ一年後
あの時と同じゼロからのスタート
あの時と打って変わって全員から無視を喰らう
あの時と同じ状況でもスタート後の感覚は正反対だ
本当に自分の理想の人と結婚できる未来があるのか?
感覚は委縮し、恐怖が襲ってくる
いくら理論武装で固めても本能は怯えていた
恐かったんだ

 

 

daujyo.hatenablog.com

 

 

 

 

物事には必ず陽と陰があって
ナンパも例に漏れることは無い
今まで僕は【陽】の部分だけを

発信してきたように思う
【陰】の部分がマヒしてたみたいだ
得られるものが大きいほど

襲ってくるものも大きい
ローリスクハイリターンとは問屋が卸さない
逃げ出したくもなるし
投げ出してしまえるなら

どんなに楽な気持ちになれるか
休んでいたつもりで本当は

逃げていただけなのかもしれない
今までのツケを

払わされているくらいの恐怖が襲ってきた

 

 

 

 

でも僕は運命によって
このナンパという活動に出会ったんだから
進み続けてこの運命を
切り開いていくしかないんだと思う
どれだけ辛くても、痛くても、怖くても
ゴミのように扱われて
自分が見えなくなりそうなときも
今までの怪我も全部
泣きながら傷口を抑えながらでも
切り開いていくしかないんだ

 

 

 

 

もしかしたら
運命の赤い糸】というのは一本だけではなく
人それぞれ何本も持っているのかもしれない
その個人がどれだけ自分で運命を切り開いて
自分のレベルを高めることが出るか否かで
の繋がる先の相手が
変わっていくものなのかもしれない
だから生涯独身の人もあれば
何回も結婚する人もあるんだと思う

 

 

 

 

僕の小指にある
僕にも何本か見えてきたんだ
外見が変わる前は無かったのかもしれれない
朝青龍の時点の恋愛経験のまま
進歩していかなかった時の
それと同じレベルの女性との細くて短い糸
だから簡単に手繰り寄せることができるんだ
だけど細いから簡単に切れてしまう

 

 

daujyo.hatenablog.com

 

 

 

 

そうして今見えてきた
一番太く長く続く真っ赤な糸
これは理想の子と繋がっている
とても長いから、繋がっていても
手繰り寄せる事が出来るかどうかは今後の僕次第
この子との運命の為にこのナンパがあるとすれば
もう再び立ち止まるという事は本当にあり得ない

 

 

 

 

f:id:daujyo:20171021212411j:plain

結局は出発した以上、これが自分の運命として運命に従って切り開いていこう
このように考えた事の方が強かったように思うんですよね
そうでありますから迷わない。ある程度迷っても結論は迷わない

 

 

 

 

再び歩き出して迷った
でもこの言葉のおかげで僕も結論は迷わなかった
松下幸之助さん、ありがとう
この一番太くて長い糸を手繰り寄せるために
運命の歯車を蹴り上げながら進んでいこう