大喬の恋愛備忘録

大喬の恋愛備忘録

「出逢いを切り開く力」を使って理想の人と結婚するために

理想の子に半年かけて声を掛けた話

f:id:daujyo:20171015014015j:plain

 

 

 

学生時代
同じ学科でよく見る女性が
気になっていて
話しかけたかったけど
それが本当に恐かった
燻っている内に
その子が男と歩いていた

 

 

 

同じ授業をとっている
他学部の女性がすごくタイプで
最後のテストに向かう道で
見かけて声を掛けたかったけど
本当に恐くて何もできなかった
そして学生最後の年に
あの子を見て何も出来なかった自分がいて
そんな自分を悔やみながらも
何もできない自分が居た

 

 

daujyo.hatenablog.com

 

 

それから数年後
外見を変えて少し自信がついて
「ナンパ」が頭をよぎるも
そんな勇気はなくネットに逃げて
朝青龍を経て
元メイドさんで受けた
マイナスをバネに
ナンパの世界に入った僕であった

 

 

 

最寄駅にたびたび見掛ける女性がいる
理想の顔つきの女性
もしこの女性と付き合えたら
明日にでも
結婚したいと思えるレベルの女性
初めて見掛けたのは半年前
理想の顔つきをしているが
ビシっと決まった
キツそうな雰囲気が恐くて
僕は声を掛けることができなかった
それから半年間
何回か見掛ける事はあったけど
声を掛けることはできなかった

 

 

 

初めてナンパをしたあの日から
幾何かの時間が経った
いろいろな繫がりもでき
いろいろなナンパ師と女性を見てきた
ロボナン記念日朝青龍の屈辱を
完全に払拭した僕は
理想の女性ですら
全く物怖じしない感覚を
朧気に感じていた

 

 

 

次に会えたら声かけよう!
この感覚
あの子の時と同じだ

 

 

 

彼女に会えたら何から話そうか
色々な事を頭の中で
シミュレーションしているような
そんな日々が続いた

 

 

 

休日、最寄り駅で
あの子が通らないかな」と
待ち合わせの人並みに忍ぶ僕
そんなに都合よくは
行かないかと思い立って
家路に向おうと駅の出口を見た時
?!
現れたのは紛れもないあの女性
ビシっと決まった服装に
キツ目の雰囲気とイヤホンと携帯
話を聞いてくれる可能性は高くはない
それでもあの子の時は違って
また現れてくれた
そう、これはまさに
あの子の時の僕を打ち砕く試練
その事実が足取りを軽くさせ
宙に浮いてしまいそうだ

 

 

 

あの!
その時はもう恐怖心とか
今までの僕がずっと持っていた
重りなんて何もなくなっていた
もうあの子の時の僕はいなくなった
・・・?
イヤホンを取ってくれた
想いの丈を伝える
全く恐くない
むしろ本当に楽しい
笑顔で感じのいい対応してくれる
彼氏がいるということで
丁寧に断られてしまったが
マイナスの感情は何もない

 

 

 

もはやこの結果は何も問題じゃない
あの子の時の僕を打ち砕けたんだ
それができたのはあの子にもらった
好みであればあるほど
声を掛けられる力のおかげ
本当にかけがえのない宝物だ
名前も知らないあの子には
感謝してもし切れない
本当にありがとう
僕の人生であの子
一生残るだろう

 

 

 

理想の女性への
アプローチが恐くない、楽しい
こんな感覚を身に付けられた事が収穫
成功するまで続けていけば良いだけだから

 

 

 

理想の女性に
アプローチすることが
恐くなくなったら
もう何も恐いものなんてない
それを楽しいと思えたら
もう無敵とすら思える
朝青龍との後に感じた
結婚できずに終わるのかも」どころか
今は理想の女性と
結婚できると確信できている

 

 

 

あとはひたすら自分の鍛錬を欠かさずに
アプローチの幅を増やしていけば
ロボナン記念日で感じた出口は
本当にもう
すぐ近くにあるのかもしれない