大喬の恋愛見聞録

「出逢いを切り開く力」を使って理想の人と結婚するために

迷惑なナンパ

f:id:daujyo:20171003232410j:plain

 

 

 

ナンパをする僕にとって
非常にデリケートな問題だ
社会通念上
ナンパは迷惑行為の枠組みになる

 

 

 

僕の場合心掛けているのが
とにかくスマートにということで
迷惑そうな場合は
一瞬で引くということと
もうひとつは必ず女性に
逃げ道を与える事
例えば電車街のホームや
車内や店内など
女性が逃げたくても
逃げれない場合においては
理想の女性でないと
声掛けしないと決めている

 

 

 

まだナンパを始める前
僕の目の前で電車の車内で女性が
色気づいたおじさんに
話しかけられ続けていた
女性は暗い顔をして下を向いている
見かねた僕は女性に
車両を移動してもらった
ナンパをする以前に
こんなことを目の当たりにしてか
やはり女性が逃げられない状況で
追い詰める事だけは
絶対に避けようと思った

 

 

 

ナンパ師に限らずスカウト
キャッチ、路上のキャッチセールス
いろんな人の声掛けを見てきた

 

 

 

師匠の紹介で
あるベテランナンパ師とお会いして
声掛けを見せてもらったけど
その方は本当に余裕に満ち溢れていて
ダメな場合はすぐに引く
攻めるときは攻める
その緩急が本当にスマートで
カッコよかった

 

 

 

最寄り駅のスカウトマンの幹部の人で
俳優/モデルで食べていけそうなくらい
カッコイイお兄さんがいる
その人は声掛けまでも
スマートで本当にカッコイイ

 

 

 

これらの人の声掛けを
傍から見てて思うのは
スマートで余裕のある声掛けは
カッコイイと言う事
僕もこんな風になれるべく
自分を磨いていきたい

 

 

 

対して無視を厭わない人の声掛けは
まさに「女の尻を追いかけている
という表現がしっくりくる
逃げる女性を走って追いかけたり
飛び跳ねたり、声も大きい
傍から見ても普通じゃないので目立つ
もちろん時には強さも必要だから
スタイルの違いと割り切っているけど
僕は見ていて
カッコイイと思えなかった

 

 

 

某繁華街で背丈も並み以下
お世辞にもルックスは良いとは
言えない典型的なナンパ師が
女性が嫌がっている顏をして
早歩きなのに
それに気づく様子も無く
付きまとっていた
こういう光景は繁華街では珍しくない
こういう輩は司法なり
スカウトマンなりに
制裁を受けてほしいと
願いつつ、いつも思う事がある

 

 

 

どれだけ自信がないんだろう
自分に自信がないからこそ
自分が拒絶された事実を
受け入れることが
できないんだろうなと思う
だから「この俺が拒否されてるはずはねぇ」と
言わんばかりに
醜態を晒すのではないだろうか

 

 

 

ナンパに慣れた人達は
反応がないと一瞬で引くタイプと
無視を崩そうとして
付きまとうタイプに分かれる
ただ僅かばかりの無視を砕ける可能性にかけ
その他大勢の本当にナンパが嫌な女性達に
迷惑を掛ける様は
ナンパ師にサイコパスが多いと
言われる所以なんだろう
事実昔からこのタイプが多いんだと思う
だからこそステレオタイプなナンパは
迷惑と言われる状況に至ったのだろう

 

 

 

僕は自信があるからこそ引く
僕と知り合えなくて残念だったな
これは僕が使う
自己陶酔マインドの一つだけど
本気で思っている部分もあるし
これを使うためにはこれだけ言うんだから
常に自分の中の高みを
目指していかないといけないという
プレッシャーにもなる

 

 

 

そんな心がけでも行政の警備員には
迷惑だからやめろ」と言われてしまう
もちろんそんな目に見えない要因
行政の警備員には伝わらない

 

 

daujyo.hatenablog.com

 

 

 

周りの人間から見たら
僕も迷惑なただのナンパ男だ
僕も俯瞰で見れば迷惑なナンパ師の
群れを成す一因であることは
目をそらしてはいけないし
僕は他のナンパ師と違うんだ」という
マインドは持つべきではない
だからこそ自分の中だけでは
しっかり線引きして
朱に交わって赤くならない様に
しておかなければならない

 

 

 

面白い事に迷惑なナンパを
しないために必要になるものも
根拠に基づいた「自信」と言う
結論にたどり着いたんだ
迷惑か迷惑じゃないかは
声を掛けられた女性が決める事
だからこそ女性が嫌な時は
引かないといけないんだと思う