大喬の恋愛備忘録

「出会いを切り開く力」を使って理想の人と結婚するために

裏側から覗いてみた出会い系アプリ

f:id:daujyo:20170813235528j:plain

 

 

 

師匠から勧められたマッチングアプリがある

女性は無料だけど男はお金がかかるという例のアレだ
スマホのマッチングアプリというものは初めてで
顏を出してどういう結果が出るのか楽しくもあり怖くもあるような
そんな気持ちでアプリに挑んだ僕であったけど
思ったより結果が出ない

 

 

 

 

 

誰もが言うけど僕も言う
ネットについては女性優位だ

 

 

誰もがお姫様になれるそんな場所
わがままを言っても何でも聞いてくれる男
分からない事があればなんでも教えてくれる男
お金がなければなんでも買ってくれる男
そんな男たちの存在を彼女達を通してたくさん聞いてきた
それが美女ともなれば彼女が創り、彼女が裁き、彼女が殺すという部分で
誇張ではなく「」に近い存在ですらあるんだ

 

 

彼女たちのリクエストにこたえられる男はいくらでもいるから
彼女たちはその時々でカメレオンのように
いろんな顔をもっているんだと思う

 

 

この子達の世界を覗いてみたくなって
どんなものか確かめたくなった

 

 

ちょうどタブレットがあったのでこちらのほうで同じアプリに登録
白石麻衣にそっくりな高校の同級生に「3日間だけ」という期限を設けて許可をもらい
友達と映ってる自撮りではないナチュラルな写真を借りて挑んでみた

 

 

夜に登録してから朝の時点でアプローチが500人
次の日、24時間たった時点で1000人
最終日、アプリをアンインストールする段階で
アプローチは2400人にも昇っていた

 

 

こちらからのアクションは一切何もしていない
返信も一切していない
なのにツイッターのタイムラインのように
メッセージが烈火のごとく襲い掛かる

 

 

そうか、ネットで女の子を勝ち取るということは
潜在的にはこの人数の男達との勝負になるんだ
常に天秤に掛けられて
一つの言葉選びですら命取りになりかねない
そんな命綱なしで壊れかけの橋を渡るような事を要求されるんだ
これを勝ち抜いてやっとアポという「会う」段階に辿りつける
会ってからも彼女たちの想定しているラインから外れた行動や言動は一切許されない
こちらが先に好意をもってしまうようなことがあれば
常に他の男と面接している/いつ取られてしまうかもわからない
そんな彼女にどんな感情を持つかは想像に難しくない

 

 

こんな難しい事をこなさなければ
普通の人には会って会話することすらできないんだ
この突き付けられた数字と現実に僕は戦慄した

 

 

でも僕にはもうストリートナンパがある
それが嬉しくてたまらなくなったんだ

 

 

美女を奪い合うということの潜在的な競争率の高さを身をもって実感した
もちろんストリートではこの人数と戦うわけではないけど
面と向かってアプローチできている男が少ないだけで
みんな心の底ではどうにかしたいと思っている
2400人っていう数が今にもタブレットの画面から出てきて
そんなことを言いたそうにしてるのが見えるんだ

 

 

だから惰性で過ごしてると掴むことはできないと思うし
掴んでからも常にストイックに魅力を磨かないと負けてしまう
でも何故かそんな事を実感させてくれた出来事にちょっとした嬉しさがあって
美女にアプローチをビビらないでできる自分になったのが嬉しくなって
笑いながら有料期限が切れた自分のアカウントのマッチングアプリを長押しして
ゴミ箱につっこんだんだ