大喬の恋愛備忘録

「出会いを切り開く力」を使って理想の人と結婚するために

一目惚れしたあの子

f:id:daujyo:20170805221017j:plain

 

 

大学四年生になったばかりの頃
心地よい四月の香を
風が優しく運んでいた
ちょうど僕の住んでいた街も
春の訪れを告げる桜が咲き乱れていた

 

 

当時就職活動の重圧に追われ恋愛とは
無縁の生活を送っていた僕は
行きつけの近所のスーパーで
生まれて初めて一目惚れをした

 

 

 

 

 

完璧・・・

 

 

そのスーパーから委託された清掃業者のようで
清掃服を纏っていた女の子
おそらく僕と同い年くらいであろう
緑色の清掃服から覗かす透き通るような白い肌と
よく手入れされた艶のある栗色の長い髪に
僕は目を奪われた
清掃服が浮いて見えた
不釣り合いなそのコントラストすら魅力的に見えた

 

 

 

自分の内で起こっている感情が

なんなのかもよくわからなかった
昔から一目惚れなんて馬鹿にしていた僕だから
この感情が一目惚れっていうものなのかと
気づくには少し時間がかかった

 

 

 

また会えるのかな?
普通のお店の店員さんだったらそのお店にいけば会えるけど
この場合はちょっと特殊だ
次にいつまたこの場所に来るのか
それとも今回だけだったのかそれすらわからない
気が付くと彼女の顔が頭から離れなくなっていて

 

 

 

それからはお店に行くたび彼女に会えないかなと
願いながらの日々が続いた
ある日そのお店の出入り口に見たのは
お店の出入り口でおばあちゃんと楽しそうに
談笑している彼女の姿であった
その時の彼女の子どものようなあどけない瞳
楽しそうな雰囲気や優しく明るい笑顔に
より一層彼女に釘付けになってしまった
彼女の魅力に引き込まれた

 

 

もう見ているだけでは耐えきれなくなって
彼女に話しかけたくなって
次に会えたら連絡先を渡そう!
そんな想いは当時の消極的な僕ですら
ここまで動かすほどのものであった

 

 

それからは鞄に連絡先を書いた紙を入れて
いつでも彼女に渡せるようにした
お店に行くたびにドキドキするようになった
彼女に会えたら何から話そうか
色々な事を頭の中でシミュレーションしているような
そんな日々が続いた

 

あの日以降彼女をお店で見かけることはなくなった

 


やりきれなかった
でもいつかまた彼女に会えるんじゃないかという期待もあった
でも結局そんな気持ちを抱えたまま
僕は学校を卒業しその街を出ることになった
卒業後は生まれ育った田舎に帰ることになっていた

 

 


もう彼女と一生会えることはないだろう
そんな心の声が聞こえてきた
引っ越しの日に大量の荷物を載せたトラックの助手席から
どこにいるのかもわからない彼女に向かって
呟いた「ありがとう、さようなら」は
高速を走るけたたましいエンジン音と
荷台の大きな荷物がこすれ合う音で
かき消されてしまっていったんだ

 

 

こんな経験の中僕は自分自身の呪ったことが2つあった

 

 

 

当時の僕は女性に声を掛けるには失礼すぎるほど
醜い外見をしていながら
それを改善する努力をしないどころか
加速させるような生活を送っていたこと

 

 

当時の僕はというと
こんな外見で彼女に声を掛けて、不愉快な思いをさせてしまわないだろうか
そんな不安が常につきまとっていたし
なんでこのタイミングでこんな子と出会ってしまったんだろう
とチャンスが来ているのに準備が整っていないもどかしさを
身勝手ながら感じていた

 

 

そして何より一番は
全部で2回も彼女を見かけていたにも関わらず
彼女に声が掛けられなかったこと
声を掛けるチャンスがあったのに
知らない女の子に声を掛けて仲良くなるなんて行為は
とんでもなく別の世界の話だと思っていた
だから彼女を見かけた時もすぐに行動に移せなかった
何よりそんな勇気と自信もなかったんだ

 

 

藁人形を夜中に釘で自分の心に打ち付けながら
田舎で過ごしていてたけど
あの子笑顔が胸を離れなくて
気が付けば地元も交遊関係も全部投げ出していた
あの子と出会った街は神奈川県のとある片田舎
縁があればまた出会えるって信じながら
誰も知り合いも居ない東京の街に一人で出てきた

 

 

東京に出てきて随分たくさんの時間が過ぎた
道ゆく人波の中にあの子の姿と重なる子を
無意識に探してしまう僕がいる
これだけ人が居て顔がタイプの女の子は少なくない
でもあの子のように雰囲気からバっと目を奪われるような女の子って
なかなか出会えないんだなって改めて実感した

 

 

準備に時間は掛かったけど、
もう藁人形を打ち付ける必要はなくなった僕は
今、東京の繁華街でストリートに立っている

 

 

今でも清掃服の女の子を見るたびに思い出す
名前すら聞けなかったあの子
きっと一生忘れることはないだろう
でもネガティブな感情は一切ない
好みの女の子に声を掛ける事を
あの子が教えてくれたから

 

 

あの子は今何を想って
何を感じながら過ごしているんだろう
これから来る新しい季節を
誰かと生きるのかもしれない
どうか幸せに過ごせていますように
好みの子であればあるほど声を掛けられる力
こんなかけがえのない人生の宝物をくれてありがとう

 

 

 

あの時まだ咲いていなかった神奈川の街の桜のつぼみは

あの時に声を掛けられなかった僕のようで
あの時咲いていた神奈川の街の桜のつぼみは
あの子の魅力を彩っていたようで

 

 

東京の街に咲く桜のつぼみは
あの子の思い出を抱いてストリートに立つ背中を押してくれるようで