大喬の恋愛備忘録

「出会いを切り開く力」を使って理想の人と結婚するために

僕とネット女子② 元メイドさん -ナンパを決意したあの日-

f:id:daujyo:20170723060831p:plain

 

 

 

前回の朝青龍(僕とネット女子①参照)の衝撃が大きすぎた僕

 

 

daujyo.hatenablog.com

 

 


この「朝青龍の変」から一か月後、僕は焦っていた
この惨めな思いを一刻も早く消し去りたかったからだ
そこで当時の僕が次にとった行動は
また同じネット女子との交流だ
憑りつかれたように手あたり次第
ネット女子達の投稿を物色していた

 

 

 

そんな中、またある一人の女の子と出会った

20代前半の社会人の女の子
学生時代はメイド喫茶で働いていたらしい

 

 

 

 

 

 

僕はメイドさんが大好きだ
メイドさんと出会う待ち望んだ瞬間

僕の感情のボルテージと心のエンジンの回転数は
とんでもないことになっていた
しかし朝青龍も喫茶経験者だったらしいので油断はできない
しかしこの子はなんとオーナーにスカウトされて入ったとの事
可愛くない訳がない!
また僕の良くない妄想癖が顔を覗かせていた

 

 

 

職場も女の子しかいなくて、出会いがなくて、でも彼氏欲しくて、同棲したくて
お兄さん、私にはモテモテですよ、また通話かけてもいいですか?
そんな子にこんなアピールを喰らって

 

 

 

また顔も見ないのに好きになっていた

 

 

 

その後一か月はタイミングが合わず通話できない日々が続いていたが
おそらくそれがより一層当時の僕の思いを加速させていたんだと思う
一か月後、待望の通話の機会が訪れた

 

 

 

通話できてよかったー!私、お兄さんに嫌われてるのかと思ってー、、、

 

 

 

そんな事を言われて反射的に
いや、好きだよ!
僕は一か月分の感情のかめはめ波を彼女にぶちまけてしまった
よし、想いを伝え切れたぞ!
彼女の心の中で何が起きてるかも知らず
当時も僕は僕の心の中は充実感でいっぱいだった

 

 

 

事態は当時僕の想定したものとは真逆の方向に動いた
チャットを送っても無視されて
妙な違和感を感じていたところに
最終的に彼女から届いたメッセージは

 

 

 

私のこと好きっていうのが正直気持ち悪いなって思っちゃいました

普通の友達が良かったなぁー
なのでブロックしますね。さようなら(原文ママ

 

 

 

朝青龍の傷を癒すどころか
えぐられてしまったことや
顔は見てないとはいえ好意を持っていた子から
突き付けられたとんでもない言葉の刃
突然の雷鳴が僕の体を襲い
色々な物が土砂降りみたいに降り注いできた

 

 

 

多分こういう時モテる奴は心の傘をパッと出して
何事もなかったかのように振る舞えるんだろう
あるいは雨宿りしているところに違う女の子が
傘を持ってきてくれるんだろう
傘も持っていないましてや
そんな女の子もいない僕の心は
ただずぶ濡れになることを
甘んじて受け入れるしかなかったんだ

 

 

 

そして傘もささずに立ち尽くしていた僕は悔しかったんだ
ナンパをする勇気がなくてネットに逃げて
同じ失敗を繰り返してしまった事
顏も知らない女子に翻弄されてしまった事
そしてその子に拒絶されてしまった事
その思いは雨に打たれて冷めるどころか熱く燃え上がっていた

 

 

 

こんな思いをするくらいなら、
街に出て自分の好みの子をナンパしよう

 

 

 

そこからは減量を開始しつつ
いろいろなナンパブログを読みながらナンパのテクニックを学びはじめた
どんな洋服がいいのかとファッションを学びはじめた
ナンパに対するマインドを学びはじめた
ある日そんな勉強の最中
ふと一目ぼれして声もかけれなかったあの子の
姿が浮かんできて
学生時代に同じ授業を取っていたのに
声も掛けれなかったあの子の姿も浮かんできた
その子達の顔が頭から離れなくなって
ナンパを通して自分がどうなりたいのかが
ネットと現実の経験が複雑に絡み合って
自然に導き出されてきた
準備には約3か月かかった
体重計はあの人生で一番惨めな思いをした
朝青龍とのあの日から
マイナス10キロを指していた

 


そして最もシビアなストリートナンパの世界に足を踏み入れた