大喬の恋愛見聞録

「出逢いを切り開く力」を使って理想の人と結婚するために

大喬ってどんな人?

f:id:daujyo:20170722174217j:plain

 

 

目次

 

 

大喬について

 

 

好みの系統

モデル系/ギャル系

 

 

 

 

 

 

 

理想の子

僕が常日頃からよく言っている

理想の子】というものがあります

ではこれはどんな子なのかと言いますと

 

【背丈】158cm~170cmくらいまでの平均的な範囲に収まる

【髪】必ず肩より長い茶色である

【肌】白いまたは普通

【顏つき】ほとんど猫顏/キツネ顏あるいはその中間である

【輪郭】サイズは平均またはそれ以下だが必ず比率的に縦長である

【体格】必ずしも華奢ではないが縦に長い印象を受ける

【内面】話した時に自分が自然に話すことができる

 

これは人生で唯一、一目惚れしたあの子も含め

 

daujyo.hatenablog.com

 

自分の直感で好きだなと思う女性を書き出すとこのようになります

「理想の異性」という話になる場合に

では果たしてこのような対象が存在するのかという命題にぶつかりますが

僕の場合既に実在する女性で何名か頭の中で思い描くことができています

つまりこれら特徴を持った女性は確実に実在しているのであります

ではなぜここまで細かく打ち出す必要があるのか

これは自分の欲しいものを手にするためには

その対象を明確にイメージする必要があるからであります

できるだけ常に口に出すよう、文章に出すよう、思い描くようにしております

それがこのような理想の子と出逢うきっかけの【縁】を引き寄せるからです

 

ナンパの目的

ナンパにおける僕の目的は
最後の理想の結婚相手にアプローチする段階で他に勝つための魅力を手に入れる事
こんな目標をくれたのは朝青龍なんです

 

daujyo.hatenablog.com

 

朝青龍とのやりとりの中で自分の恋愛遍歴を正直に話したら
これでもかとマウンティングされ、バカにされ続けました
それでも必死で繋ぎ止めていた子が蓋を開けてみれば朝青龍だったんです
しかしこれもすべて僕のモテない故の経験不足に帰結します
この惨劇は、この子が悪いんじゃない僕が悪いんです
そんな面会の帰りに際には「このままだと結婚相手を捕まえる事なんてできない」と

強く思いました
その疑惑が元メイドカフェ店員で完全に確定してしまいました

 

daujyo.hatenablog.com

 

僕がやったことは相手から見れば


ただのネットストーカーだったと思います

あの当時僕は恋愛が今より
さらにヘタクソすぎました

 

今より醜い外見をしていた時には
外見の問題で

同じく結婚は難しいと考えて
必死にもがいてみました

その次はさらに大きな内面の問題が
浮き彫りになってきました

外見は時間と努力とお金で変えられますが

内面を変えていくのは
これらすべてを費やしても

全ての人に可能な事では無いと思います

人間にはどうしても向き不向きというものある
ならばば完全に変えることはできなくても

せめて自分の中の伸びしろ分くらいは
最大限に伸ばしたい

そしてそれで理想の女性アプローチしよう

元メイドカフェ店員の子のおかげで
それを実現していく手段が
ストリートナンパになりました

 

 

元来ナンパしている男に良いイメージがありませんでした
将来結婚する女性もたくさんナンパを含めたアプローチを受け続けていくと思います
もしかしたらナンパをしていなかったら

ナンパをされた話を聞くたびに嫌な気持ちになるかもしれない
だったら自分がナンパしている男になってしまおう笑
将来の嫁を捕まえてナンパを引退した後
将来の嫁が街でナンパされるたびにこのナンパの楽しい日々を
思い出すことができるのではないか
そしたら将来の僕の嫁をナンパしている男に嫌み一つない本当に素直な心で
「俺も楽しかったな、貴方もいい女の子捕まえるの頑張ってね」と想えると思います

 

 

 

ここまでできたら「自分の好きな子が知らない男にナンパされる」という
一般的にはマイナスな出来事すらプラスに変えられるのではないかと考えております
そのためにはしっかり結果を出して満足する必要があるので
楽しく、ポジティブを心がけて
ひたすら頑張ります!

 

ナンパスタイル

紆余曲折を経て、ストリートの世界に飛び込んだ僕ではありますが、
たくさんの人と行動を共にするうちに人それぞれのやり方があると感じました


僕の場合は声を掛けた子となるべく長期的な関係を築きたいと考えていて

僕にナンパというのは「出会いを切り開いていく力」になります
そうなるとキャパシティー的に必然的に数は負えなくなります
なので「即!即!即」という勢いはありません

僕を選んでくれる女の子の中で
中身が魅力的な女の子に対する思いやりは本当に自信があるので
外見で判断して去っていく女の子に対しては
俺と知り合えなくて残念だったな
とか半分本気で思ったり
もう半分は冗談ですけどね笑