大喬の恋愛備忘録

「出会いを切り開く力」を使って理想の人と結婚するために

僕とネット女子① 朝青龍 -僕が声を掛ける事を躊躇わない理由-

f:id:daujyo:20170722070210g:plain

 

ストリートナンパを始める前のこと
今からちょうど一年前(執筆当時)だ



女の子と仲良くなりたいと思い立ったものの
まだ自信がなかった僕はネットで女の子と仲良くなろうとしていた
昔からの友達がネットで女の子と仲良くなって
実際に会っていたのを聞いた

 





あわよくば・・・
そんな思いがこみ上げてきた
自信がなかったから街で好みの女の子を見ても声を掛けるなんて
違う世界の話だと思っていた
だから家に引きこもってひたすらパソコンの前で
女の子の投稿を物色していた 



仕事が終わりほっと一息つくと
だいたい時間は深夜3時ごろになる
深夜3時~6時にかけてひたすら
いろんな女の子と話してみた
もちろん、合わない子もいてイライラすることもあったが
それ以上にいろんな女の子が僕に高評価をくれた
同時にどんどんネットナンパの底なし沼に
足が沈んで行くのを感じていた



そんな生活の中である一人の子と仲良くなった
彼女も僕を気に入ってくれているようであった
彼女はマイナスのオーラを具現化できるほどの念を持っていた
できるだけポジティブに努めている僕でも
そのマイナスに引っ張られて勝てなかった
プラスのものからマイナスを引くと
必然的にプラスはその分減る
象と綱引きしているような感覚だった
ずっと砂漠で象に引っ張られて地面に砂だらけで
引きずられてる自分の姿が浮かんでいた



そんな相手にも関わらず気が付くと
毎日通話が繋ぎっぱなしになっていて、
彼女の声を常に聴いているような毎日になってしまっていた
狭くて汚い部屋に引きこもってそんなことばかりやっていると
本当に催眠術にかかったような感覚になっていって


なんと顔も見ていないのに好きになっていた



少しずつあがっていた僕の自己評価ではあったが
まだ十分でなかった僕は無意識に
僕をここまで気に入ってくれるのはこの娘しかいない、これを逃してはダメだ
というとんでもないマインドになっていた
だから無理に性格があわない部分も
無理やり合わせてしまっていたし
嫌な部分は目を瞑っていた



ギャンブルで負けている人がさらにお金をつぎ込むような状況と同じになっていて
夜型の生活リズムの自分が
彼女の生活に合わすために3時間しか寝れていなかった
彼女がネット代が払えないと言うので彼女と話せなくなるのが嫌で
彼女の2万円近い回線代を払った
期間にして丸一か月半
そんなマインドコントロールされた廃人みたいな生活が続いていた




そんな不健康な日々は彼女と会って
彼女の実際の姿を見ることによって
突然終わりを告げる事になる
待ち合わせ場所に来たのは


渡辺直美のような体型に
白いメルヘン調の服を纏った朝青龍のような顏をしたナニカ



いや、この子の訳ないよな
一瞬僕は何が起きたのかよくわからなくて
目の前に突き付けられているモノが
現実であるのかどうか、それすらも分からなくなって
だけど現実かもしれない事実から必死で逃げようとしていて
でも逃げ切れるわけないから
ほんの少しだけ考えるのをやめたんだ
少しして、僕が好きだった女の子はこの世にいないんだって分かった
僕の頭はモヤがかかったままグルグルグルと回りだした



私はメイド喫茶時代にストーカーされた
私は20前半なのに中学生に見られた
彼女の中の自己評価はどうなっているのだろうか
それを信じてしまっていた自分自身に
怒りが込み上げてきた


この子を連れて、家路までの道を行く
すれ違いの人たちが僕らを見比べているのが
明らかに分かった
その時の僕らの姿というのは、さぞ、異常だったのかもしれない
でも僕にわかるくらいに、そんなに表情を歪めなくても
小バカにするような表情を浮かべなくてもいいじゃないか
東京ってのは、人に無関心な、そんな場所じゃなかったのか
人と一緒に歩くのが恥ずかしいって感覚が
情けない事に今まで分からなかったけど
あぁ、こんなに恥ずかしいんだ
今痛いほど分かる


皮肉なことに
最寄り駅に向かう電車に乗っている中
ふと停車した駅のベンチに
僕の理想の顔をした女の子が座ってたんだ
その隣にはお世辞にもルックスが良いとは言えない男が一人いた
こんな時にそんなもの見せつけてくれなくてもいいじゃないか
僕とその男の間にこんな仕打ちを受けるほどの大きな差が
どこにあるというのだろう


最寄り駅について家路の途中の
スーパーで買い物していた時
男女混合の大学生グループの一人が
わざわざ僕らの前に立ち塞がって
ゴミを見るような目で僕らを見比べてきた
その日僕は今までの人生でも間違いなく
一番恥ずかしくて、悔しくて、惨めな思いをした

女性経験不足由来の自信の無さ、自己評価の低さ
そして恋愛弱者だった故の単純な経験不足
今までの全ての総決算を払わされたような気がした



僕が好きになったのは彼女ではなく、
僕が彼女の声と彼女から送られてきた雰囲気画から
想像していた幻だったと知って
そしてそんな彼女はこの世をどれだけ探しても現れない事実は
好きだった女の子が死んでしまったような気がして
涙が止まらなくなった
万能の君の幻を僕の中に作ってた
その日からしばらく、ビーズのラブファントムをずーっと聞いていた



だからこそ自分好みの女の子の素晴らしさがわかる
その娘を自分のものにしたいっていう熱意が沸いてくる

そのための努力は惜しむつもりは一切無い
この経験がなかったら好みの女の子に出逢えても
その本当の素晴らしさに気付けていないと思う



時間をかけてマイナスの過去を振り返るのは
愚かなことだけど
マイナスの裏には絶対にプラスが
隠れている事を学んだ
とんでもなく運の悪い経験っていうのは、
多くの人が経験できない事をできたという意味では
とんでもなく運のいい経験になる
だから逆にこんな運のいい経験ができたんだって自慢したい
最後にはこの経験があったから
かわいい女の子をゲットできたんだって言えるように


このとんでもないマイナスをプラスにする行動は

もうできている