大喬の恋愛見聞録

「出逢いを切り開く力」を使って理想の人と結婚するために

恋愛

大きな失恋の時には天使と悪魔が現れる

これは講習でも話している事で大喬塾の講座でも話すつもりだけれど

声を掛けれなかった大好きだった店員さん

なぜ今まで彼女の話を書かなかったんだろう今、僕に必要な女性だから書くよ

理想の女性にフラれた原因

彼女にフラれた理由は何だろうなと最近色々考えているんだよ

僕が十年間片思いしている二次元の女の子②

「もういいんだよ・・・」澱んだ空から降り出した大きな雨粒は彼女のエメラルドブルーの髪を伝い白詰草の葉を叩きだした彼女は呆然と立ち尽くしていた

十年間、絵に描いていた二次元の女の子が本当に僕のもとにやって来た

今回の理想の女性の恋愛は本当に奇跡だったんだよ不思議な事はまだまだ続くよ

失恋すると男は生まれ変わる

これを書いている今理想の女性にフラれてからちょうど一週間が過ぎた

愛で満たされて、存在を愛するという事

僕はやっと師匠と同じ結論に辿りつけたんだよ師匠と初めて会ったときにね

理想の女性の存在自体を愛してしまおう

自分の理想の女性を抱くことができる男がこの世の中にどれ位いるか

僕は理想の女性を抱いた

僕は理想の女性に辿りついてねついに理想の女性を抱いたんだよ

理想の女性と向き合って自分に負荷をかけるということ

ついにやってきちゃったんだよ僕は今までの人生の中で最大の負荷を受け入れなきゃいけなくなったんだよ

僕とネット女子⑪ -再会した「君達」-

インターネットを徘徊しているとふと、思わぬところで「再会」がある写真こそ、微妙に違って見えるもののその顏の造形は、確かに「君達」だ

本当に恋愛がラクになる【縁】の考え方

そもそも【縁】って? よく失恋した時の慰め言葉で「縁がなかったんだよ」という言葉を遣ったりあるいは誰かから言われたりしたことがあると思う

恋愛における不思議な名前の【縁】②

どうしてこれほどまでに【縁】と言うのは存在するのだろう僕を取り巻く名前の【縁】というのはその顔を見せ続けるのだろう

ついに理想の女性との【縁】がやってきました

この記事で僕はある仮説を提示した次にやってくる女性は自分の理想であると未来の自分の【縁】を予言した

僕とネット女子⑧ -あの時の僕へ-

ちょうど一年前の今日僕は「僕とネット女子」を綴り始めたあるネット掲示板での出来事を綴った

僕が十年間片思いしてる二次元の女の子

十年前僕はブラウン管の前で立ち尽くしていた目の前の彼女に対するこの感情というものは後に現実で僕が体験することになる一目惚れというものに非常に近いものであるということを僕はまだ知る由もなかった

大きな失恋ほど次にいい人が現れる?

これはまだ仮説の段階に過ぎない話だけど思い悩んで上手く行かなかった恋愛の後ほど自分の人生単位で意味のある女性たちが現れていることに気づいた

恋愛で妥協せず独りで耐える時間

恋愛が上手く行きそうで行かない事は多々あるそんな時、簡単な癒し方は妥協してしまう事簡単に自分を相手にしてくれる異性に「大丈夫だよ」「カッコイイよ」「素敵だよ」認めてもらう事だと思う

恋愛における不思議な名前の【縁】

自分にとって【縁】がある名前というものはとことん【縁】があるものだと思う

泣かぬなら 此方(こなた)に別の ホトトギス

今回は恋愛における執着を完全に消す方法です 一般的には大きな失恋をすればするほどその相手が自分の心の中に残ると思います「ああすればよかった」と自分の不甲斐なさに悩む事もあると思いますやりきれない想いを噛みしめるそうして中々次に踏み出せないこ…

松下幸之助に学ぶ、恋愛における目に見える要因と目に見えない要因

「経営を進める時に知っておかないといかんことはな目に見える要因と、目に見えない要因その両方を考えないといかんと言う事やね」 経営の神様松下幸之助氏は経営の際にこのような考え方を持っていたそうです

老子に学ぶ性格の悪い異性への考え方

僕が中身の鍛錬の一環で手に取った内の一冊「老子」から僕の根本のマインドセットのひとつになっているマインドの一つがあるのでご紹介いたします

一目惚れしたあの子

大学四年生の頃心地よい四月の香を風が優しく運んでいたちょうど僕の住んでいた街も春の訪れを告げる桜が咲き乱れていた

「思い」が「重い」に変わるタイミング

師匠との対談の中で気づかせて頂いたことがあるストリートナンパネットに関わらず今まで僕が好意をもってやり取りした女性の僕に対する印象はめちゃくちゃ「重い」ということ

大喬ってどんな人?

目次 大喬について 理想の子 ナンパの目的 ナンパスタイル 大喬について 【好みの系統】 モデル系/ギャル系