大喬の恋愛見聞録

「出逢いを切り開く力」を使って理想の人と結婚するために

理想の女性がまた俺のもとにやって来たよ!!!

前回のシケた菓子みてぇな内容から一転!また皆さんにこの報告をできる事が嬉しくてたまらないよ!!! 新たな理想の女性がまた俺のもとにやってきてくれたよ!

ナンパ師、引退しました

どうも、大喬の仮面を外した本名の僕です

もしタイムマシンがあったなら、昔のカッコイイナンパ師とナンパしてみたいね!

もはや、カッコイイ男がキレイな女をナンパするそんな構図は隕石が落ちてきて絶滅しちゃってるんだよね

女性との連絡が途絶えた時も、わざと苦しい道に進んじゃいな!

高橋がなり先生の脱!負け犬十か条の一つ「行動に迷った時は苦しい道を選択しろ!」

自分の為じゃなくて相手の為に外見を磨いておくれ!

皆さん、外見を磨く事をどう思ってる?

孫子先生とナンパと恋愛と

孫子先生が書いた「孫子」があるよね天才軍師が戦の戦略をまとめたものだよねビジネス誌とかでも取り上げられてるしナンパと関連させて取り上げてる人もいる

下らない関係を捨ててみると、本物の【縁】がやってくるかもよ!

信念をもって生きている人々にはきっとこんな経験がある 「自分の信念を踏みにじられている関係」

99人に好かれても理想の女性に好かれなかったら意味がないんだ!

うん、やっぱり僕は理想の女性との経験で本当に色々な考えが変わったんだ!

そして恋愛の負け犬だからできるコト

恋愛のビバークの話の補足をしちゃうよ!

成功するまで辞めなければ必ず成功しちゃうんだよね!

僕が一番大好きな高橋がなり先生の言葉

覚悟のある奴だけ僕のところに来てくれよ!!!

今回はかなり厳しい事を言うけれどどうしてもこれから出逢う方へしっかり伝えておきたいんだ!

恋愛に疲れたらビバークしちゃうといいよ!

ビバークっていうのは登山の最中に緊急時、テントを張らないで野外で過ごす事ね!

恋愛テクニックは何も意味がないよ!

恋愛のテクニックと言うものがそれはもう巷に溢れかえってるよね・・・ 僕はこういうテクニックは大反対!!!

恋愛で、必要以上に傷つこうとする必要なんてどこにもないよ!

松下幸之助先生にはこんなエピソードがある

みなさん、どうか固い肉をたくさん食べてきてくださいね!

ガキんちょの頃は経験が無くてさ相手の女性も地味だったり経験の無い女性を好んでいたよもう、怖くて仕方なかったんだろうね

最後の理想の女性をYとして方程式を作ると魅力的な男になっちゃうよ!

見えないものを信じることができればこれほどまでに人間的に成長できるそんな僕だけの方程式がある

やっぱりナンパって美しいよ!

ははは!講習生がやってくれたよ!僕に素晴らしいものを見せてくれた

論語とナンパと外見と恋愛と

「先生、ナンパに必要なものは何ですか」 僕はかつて師と仰いだあの日に尋ねた

もう少しで憧れていた本物のアイドルをナンパできた話

皆こういう話は大好きだと思うんだよ結局みんながこういう話を求めていることはちゃんとわかっているつもりなんだよそんな経験ができたもんで、記すよ

僕はヘンな人間?

夜更けに師匠と話していたふとした話題から、ある言葉が流れてきた「お前はきっとヘンな人間なんだよ」

理想の女性にフラれて納得いかなかったことに決着がついた

またいい経験をさせてもらっちゃったよ理想の女性との経験で納得できなかった事を体感させてもらう事が出来たんだよ

大きな失恋の時には天使と悪魔が現れる

これは講習でも話している事で大喬塾の講座でも話すつもりだけれど

コンタクト

出版社の方、あるいは執筆依頼のご機会を頂ける方 hmzk3443@yahoo.co.jpまでお願いします

ナンパ師の末路

有名ナンパ塾の塾生が逮捕されたというニュースが全国ネットを駆け巡ったまた世間の人々は眉をしかめる「ほら、ナンパはロクでもない」

レールから外れると恋愛はこんなに難しいの?

人生にもレールがあるように恋愛にもレールっていうのがあるよね恋愛のレールっていうのは同じコミュニティで出逢ってそして惹かれ合っていくという事

素敵な女性に連絡先を渡すことができた

声を掛けれなかった大好きだった店員さん彼女に一歩踏み出せなかった事は僕の中では大きなマイナスだったんだよ

人生の逆境の時だから、さらに負荷をかけて楽しむことにした

今は間違いなく逆境の最中フラれてから、まだ新しい出逢いは無いものすごい強風が吹き荒れているんだよ

声を掛けれなかった大好きだった店員さん

なぜ今まで彼女の話を書かなかったんだろう今、僕に必要な女性だから書くよ

理想の女性にフラれた原因

彼女にフラれた理由は何だろうなと最近色々考えているんだよ

「非モテ」を恐れるナンパ師たち

ナンパ師のブログやTwitterにはたびたび登場する言葉がある